古書ノーボのブログ

本や店の話。

中之島まつり参加のお知らせ

5/3から5/5まで大阪中之島で開催される中之島まつりに参加します。1003さんからのご紹介で、矢野書房天満橋店さんの古本屋ブースに出店します。当店は台一台のスペースなので、文庫、小説、コミック、映画などジャンルを絞った品揃えになりそうです。。まつり全体は映画祭や出店など様々な形で規模の大きい(日本最大級の市民まつり)もので、市役所北側の「古本・古道具通り」のテントの1つのそのまた台1つという形ですが、五月、大阪、祭りという雰囲気に合わせた売場にしようと思います。
中之島まつりについては
http://nakanoshima.net/sp/index.html
なお搬入などのため、5/2水曜日と5/5土曜日は店をお休みいたします。どうかよろしくお願いします。

続森茉莉の本

当店もようやく一周年を迎えました。これも当店を様々な形で応援してくださった方々のおかげです。ありがとうございました。そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

森茉莉のいい本が店にない、という話を前に書いていたら、いい本を仕入れることができました。
『甘い蜜の部屋 限定版』新潮社 1975
f:id:koshonovo:20180226132808j:plain
装幀は池田満寿夫
f:id:koshonovo:20180226132848j:plain
サイン入り。
f:id:koshonovo:20180226133206j:plain
どこからどうみてもいい本で、それなりの値段になっています。
買うかはわからないが、サイン見たいという方も、どうぞご来店ください。言ってもらえれば対応します。もちろんまだ売れていなければ、ですが。

目録できました

f:id:koshonovo:20180316165415j:plain
ひょうご大古本市の目録ができました。
当店はこんな感じになっています。
f:id:koshonovo:20180316165649j:plain
目録は参加店でご覧頂けます。数が多くはないので、差し上げられるかはそれぞれといったところです。どうぞお尋ねください。

臨時休業のお知らせ その2

続けて臨時休業のお知らせで申し訳ありませんが、今度の金曜3/16日、ひょうご大古本市関係の作業のため、12時半から17時ごろまで、営業を中断いたします。11時半から12時半、17時ごろから19時半までは通常通り営業いたしますので、その時間にご来店頂くよう、お願いいたします。

臨時休業のお知らせ

f:id:koshonovo:20180312143453j:plain
3/30からのひょうご大古本市出店のため、前日3/29から最終日4/1までの四日間、臨時休業いたします。
申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

最近の仕入れから

最近仕入れた中でキラリと光る本を一冊。
f:id:koshonovo:20180224141822j:plain
造本もいいけれど、写真が素晴らしい。
f:id:koshonovo:20180224141908j:plain
新刊で河出文庫でも手に入ります。

季節のうた (河出文庫)

季節のうた (河出文庫)

森茉莉の本三冊

f:id:koshonovo:20171214165911j:plain
当店には現在、森茉莉の単行本が三冊あるのですが、以下の理由でわりとお求めやすい価格になっています。
一冊目は『マドゥモァゼル・ルウルウ』で、三浦半島の小さな新刊書店の片隅の古本コーナーで売られていたという来歴で、いい本ですが、函がないのが決定的です。
二冊目は『靴の音』で、昭和33年初版の翌月の再版、少々汚れや傷みもありますが、何より表紙に保護用のビニールががっちり貼り付けられています。機能的にはいいのですが、本の価値は当然下がります。
三冊目は『贅澤貧乏』で、状態はほぼ問題ありません。函が一部黄ばんでいなければ、美だと言えそうなぐらいです。問題なのは、1963年初版の本なのに、ここにある本は1997年の改版17刷であることです。文庫で読めることはさておいても、このくらい最近まで出版されている本の値段が上がることはなさそうです。